プロフィールビデオのBGMの選び方

BGMはプロフィールビデオの印象を大きく左右する為、選曲はとても重要となります。
なかなか決まらずに頭を抱えている人も多いと思いますが、映像にとってBGMはそれだけの価値があるので、この記事を参考に二人がしっくりくるものを選びましょう。

1. 曲数を決める

プロフィールビデオでは1曲~3曲使われるのが一般的です。1曲の場合はまとまりのある映像になります。また、自作の場合は編集がとっても楽です。2曲の場合は生い立ちパートとおふたりパートで曲調を変えることによって感動的な映像になります。3曲の場合は、おふたりそれぞれがお気に入りの曲を使用できますし、それぞれのパートの切り替わりがわかりやすくなり、見やすい映像になります。

2. 歌詞に注意する

結婚式でおなじみのバラードも歌詞をみると実は失恋ソング、というものもよく見かけます。
プロフィールビデオでは、入場や乾杯などのBGMと違って1曲を長く使用するのでそういったところにも注意が必要です。洋楽を使用する場合もインターネットで和訳を調べるようにしましょう。

3. イントロ・アウトロがしっかりしたものを選ぶ

映像の始まり、終わりはゲストの印象に残りやすいため、最も丁寧に制作したい部分です。
BGMでも入り方、終わり方には気を使いましょう。BGMを編集して好きなところでフェードアウトなどすることも可能ですが、映像の終わりはアウトロ部分を使うのがもっとも綺麗にまとまります。

4. おすすめは邦楽

洋楽か邦楽か、これはどちらでもお好きなほうで問題ありません。
ただし、ゲストが感動する映像にしたい場合は邦楽がおススメです。聞きなじみのある曲だと見やすく感じますし、歌詞が映像に合うといっきに感情が入ります。洋楽の場合はスタイリッシュな映像になりますし、また、歌が入ってないインストゥルメンタルは映像に集中しやすくなります。

5. 思い入れのある曲を選ぶ

プロフィールビデオは、結婚式の中でも割りと自由にBGMが選べるシーンです。
また、結婚式が終わってもDVDとして形に残るものですので、思い出の曲やお気に入りの曲を選ぶことが一番大切です。せっかく作るDVDですので何回でも見たくなるものにしましょう。