フォトプロップスの作り方

最近、メガネやひげが付いた棒を持って撮影された写真をよく目にしませんか?「フォトプロップ」と呼ばれるもので、ポップでかわいい写真が撮れると人気急上昇中のアイテムです!ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

フォトプロップスとは

フォトプロップスとは、「写真の小道具」という意味。一般的に厚紙に印刷されたメガネやひげ、吹き出しなどのモチーフを切り取り棒に付けたもので、写真をオシャレに楽しくするアイテムとして使用されます。海外で人気となり、SNSを通じて日本でもウェディングや女子会に取り入れられるようになりました。

フォトプロップスを手作りしよう

フォトプロップスを販売しているショップはありますが、切って貼るだけで自分でも簡単にフォトプロップスを作ることができます。結婚式をDIYしたい方や、他にはないオリジナルなものを作りたい方は是非挑戦してみてください。

1. テンプレートをダウンロードする

フォトプロップスのテンプレートを無料でダウンロードできるサイトがたくさんありますので、そこからお好きなデザインを探しダウンロードしましょう。もちろん絵に自信がある人はテンプレートを使わず手書きで作ってみても。

2. 印刷、はさみで切り取る

ダウンロードしたテンプレートをプリンターで印刷し、デザインにあわせてきれいに切り取ります。持ったときにくたっとならないよう、厚手の用紙に印刷するか、印刷したものをダンボールなどに貼って強度を上げましょう。クオリティを高めたい場合は同じデザインのものを2つ用意し、裏と表に貼ると、どこからみてもきれいな仕上がりになります。

3.棒をつける

切り取った紙にお好みの棒をセロテープなどで貼り付けます。棒は何でも構いませんが、おしゃれなデザインや色が印刷されたペーパーストローを使うのがとても人気です。また、竹串などでもマスキングテープを巻き付ければおしゃれに仕上がります。

以上で完成です。出来上がったものにリボンやシールなどを付けてデコレーションするのもおすすめです。せっかくですので名前入りや、おふたりならではのデザインで、オリジナルのフォトプロップスにしてみてはいかがでしょうか。