ジューンブライド(june bride)

ジューンブライドは「6月の花嫁」、「6月の結婚」と直訳されます。ヨーロッパでは古くから6月に結婚する花嫁は幸せになれるという言い伝えがありました。

ジューンブライドの由来

ジューンブライドの言い伝えは、ヨーロッパから伝わったとされていますが、その由来にはいくつかの諸説があります。

由来1. 結婚を司る女神 Juno

6月の月名であるJuneは、ローマ神話で結婚を司る女神「juno」に由来しているとされています。その為、この月に結婚する花嫁は女神が幸せを約束してくれるという言い伝えがあります。

由来2. 気候の良さ

ヨーロッパでは、6月は1年の中で一般的に雨が少なく、気候が適しており、6月に結婚式を挙げることが好まれていました。

由来3. 農作業の一段落を待って

昔、ヨーロッパでは3~5月は農作業が1年の中で1番忙しい時期のため、その3ヶ月間結婚することが禁じられていました。その為、6月を待って挙式する人が多かったとされています。

日本でのジューンブライド

ヨーロッパで挙式に好まれる6月ですが、日本では梅雨入りの季節であります。かつてこの時期に結婚式を挙げるカップルは少なく、式場は閑散としていました。そこで、なんとか6月にも結婚式を挙げてもらおうと考えたブライダル業界の関係者がヨーロッパに伝わるジューンブライドの言い伝えを広め、現在に根付いていったと言われています。雨の季節ではありますが、雨でも快適な式場を選び、演出を考慮すれば素敵なジューンブライドになるでしょう。ぜひ結婚を司る女神「juno」にあやかり6月に結婚式を挙げてみてはいかがでしょうか。