招待状をだす

招待状はおふたりの結婚を伝える最初のアイテムです。結婚式の第一印象となりますので礼儀を重んじ、おふたりらしい招待状を送りましょう。

デザイン

招待状は上司や親族などさまざまな立場の方に送るものですので、失礼のないデザインのものを選ぶとよいでしょう。会場で用意してくれるものは会場のロゴマークがプリントされているものが多く、気品を感じさせます。手作りや外部に頼む場合は、披露宴のテーマに合わせたカラーやデザインを選ぶとよいでしょう。

手作りする

最近では招待状などのペーパーアイテムを、オリジナリティを出す為、また節約の為に手作りするカップルも増えています。

すべて手作りする

すべて手作りする場合は、市販されている用紙やペーパーアイテム専用の素材集を利用し、手書きやプリンターでテキストを記入します。節約できるというメリットもありますが、いちから作るのは大変ですので時間に余裕を持って制作しましょう。

業者にたのむ

専門の業者で注文すれば、式場よりもバラエティ豊かなものを、手作りよりも簡単に作ることができます。様々な形やフォーマットのものを選ぶことができ、最近やネットなどと連動した招待状なども出てきています。コストは式場で頼むのとあまり変わらないので、こだわりがある人におすすめです。

書き方

自分たちの結婚式に来てくれることへの感謝の気持ちを込めて、また気持ちよくご出席いただけるような文面を心がけましょう。

文面

サンプルや見本などを参考に考えるとよいでしょう。ふたりらしい文章にする場合もカジュアルになりすぎないようにします。また、投函前に両親に文法や宛名の誤字脱字をチェックしてもらうなどミスがないように注意を払いましょう。

差出人

ゲストには目上の方も多くいる為、両家の父親の名前で出すのが一般的とされていましたが、最近では新郎新婦の名前で出す人も増えています。目上の人と友人とで差出人を変えたり、連名にするなどの方法もありますが、いづれにせよ両親に確認するようにしましょう。