披露宴の流れ

結婚式のおおまかな流れについてご紹介します。基本の流れをしっかりと押さえ、入れたい演出やカットしたい部分がある場合はプランナーさんに相談してみましょう。

一般的な披露宴の流れ

洋装での一般的な披露宴の流れです。時間配分に注意し、余裕をもったスケジュールを心がけましょう。

1.新郎新婦入場

ゲストが到着した後、司会者の合図やBGMとともに新郎新婦が入場します。
最近では入場前に二人の自己紹介を兼ねたオープニング映像を流すカップルも増えています。

2.新郎新婦の紹介

仲人がいる場合は仲人が、いない場合は司会者がふたりの人柄や馴れ初めを紹介します。
新郎自身が簡単なスピーチをする場合もあります。

3.主賓のあいさつ・乾杯

お招きしたゲストの中で主賓となる方、新郎新婦側1名ずつに祝辞を頂きます。
このとき新郎新婦は起立し、「どうぞおかけください」と言われたら座るようにしましょう。

4.ケーキ入刀

ケーキ入刀はふたりにとって初めての共同作業となります。
披露宴前半のメインイベントですので、ゲストの撮影が終わるまでポーズをキープしてあげましょう。

5.会食スタート

歓談を楽しみながら写真撮影などを楽しみましょう。
また、両家の親族はこの間にテーブルを回ってあいさつをしたりします。

6.お色直し・退場

お色直しの為、まずは着替えに時間のかかる新婦から先に退場します。
プロフィールビデオを上映する場合はこの時間がおすすめです。

7.テーブル回り

お色直しをしたふたりが再入場し、キャンドルサービスや写真撮影をしながら、各テーブルをまわりゲストに挨拶をします。キャンドルサービス以外のお好きな演出を取り入れても。

8.スピーチ・余興

友人からのスピーチやゲストによる余興を楽しみましょう。
持ち時間をきちんと伝え、時間を守ってもらうようにお願いしましょう。

9.親への手紙・花束/記念品贈呈

花嫁からご両親へ感謝の気持ちをこめた手紙を読み上げます。
最近では手紙のテキストを思い出の写真と一緒に流すビデオレターも人気があります。

10.謝辞

両家を代表して新郎の父親または新郎が謝辞を述べます。

11.新郎新婦の退場

新郎新婦と両家の両親が退場します。

12.お見送り

新郎新婦は両親とともにゲストのお見送りをします。
このとき、ゲストひとりひとりにお礼のあいさつをしながらプチギフトを渡します。