ブーケの基礎知識

ウェディングドレスに合わせるブーケにもいくつかの種類があります。ドレスと相性のいいブーケの形を事前に確認しておきましょう。

キャスケード

キャスケードとは「滝」という意味。滝の流れのような縦長のラインが特徴で、その華麗で美しい形は人気があります。Aラインやプリンセスラインのドレスとよく似合います。

ラウンド

花を半円に集めた丸いラウンド型は、どんなドレスにも似合い人気のブーケです。花の種類や大きさによって、キュートにもエレガントにもできるので好みのデザインを探してみましょう。

クレッセント

クレッセントとは「三日月」という意味。名前のとおり、月のように滑らかな弧を描く花のラインが特徴です。大人っぽい印象を与えます。個性的でスタイリッシュに見せたい花嫁におすすめです。

クラッチ

クラッチとは「つかむ」という意味。花を束ねただけのシンプルなブーケです。ガーデンウェディングやナチュラルな披露宴を演出されたい方におすすめです。小柄な方にもよく似合います。

ボール

ボールブーケは、球状のブーケに持ち手がついた可愛らしいデザインが人気です。両手が使えるのでとても自由度も高く、和装にもよく似合います。