サムシング・フォー

サムシング・フォーとは花嫁の幸せを願うジンクスで、結婚式の際に、花嫁が4つのサムシング(なにか)を身につけると幸運が訪れるというものです。欧米ではマザーグースの詩などで古くから歌いつがれてきました

サムシングオールド

なにか一つ古いものを。祖先から受け継がれる幸せや富を表します。
祖母や母から譲られたジュエリーや、衣装に使われたリボンやレースなどを身につけるとよいでしょう。

サムシングニュー

何か一つ新しいものを。これから始まる新しい人生が幸せになりますように、という希望を込めて身につけます。
当日におろすドレスやベール、またハンカチなど新品のものなら何でもかまいません。

サムシングボロウ

何か一つ借りたものを。既に結婚していて幸せな家庭を築いている友人や姉妹にあやかって、アクセサリーやハンカチなどを借りることで幸せをかけてもらいましょう。

サムシングブルー

なにか一つ青いものを。青や花婿への愛や忠誠、純粋を表しています。また、聖母マリアのシンボルカラーとして知られています。人目につかないように身につけるとよいとされており、白いガーターに青いリボンをあしらう人が多いです。