お車代のマナー

結婚式ではお礼として、主賓や遠方からお越し頂いた方にお車代を渡します。金額は相手によって変えるものですので、一般的な相場を踏まえ、失礼の無い金額を渡しましょう。

主賓・乾杯の挨拶をお願いした方

主賓・乾杯の挨拶をお願いした方には、自宅から会場までタクシーで、遠方の場合は新幹線で往復した場合に相当する金額をお渡しします。ただし、1万円以上をお渡しするのがマナーとなっておりますので、自宅から会場までが近くても1万円以上は包みましょう。

遠方からお越しの方

遠方からお越しの方へは交通費+宿泊費の全額を負担するのがベスト。新幹線のチケットやホテルをすべて手配してあげると親切です。全額が無理な場合でも半額はお渡しするようにしましょう。

渡すタイミング

お車代は一般的に両親からあいさつを兼ねて渡すか、受付の際に受付係りに「新郎新婦からお預かりしております」と渡してもらうとよいでしょう。