和装の基礎知識

ウェディングドレスもいいけれど、やはり日本人として日本ならではの和装で結婚式を憧れる女性も多いはずです。聞きなれない用語が多いかと思いますが、和装の種類や髪型について紹介します。

和装の種類

日本ならではの伝統衣装である和装は、古典柄からモダン柄まで幅広い種類が揃います。伝統の重みや柄の意味などを理解して選ぶとよいでしょう。

・白無垢

上から下まで純白で統一した格調高い和装。すべてを白で揃えることで「嫁ぎ先の色に染まる」という意味を表します。
神前挙式の際に、綿帽子や角隠しと一緒に着るのが一般的です。披露宴では角隠しを外します。

・色打掛

白以外の色を使用した打掛のこと。特に七宝、亀甲、青海波、うろこ柄の4種類が入ったものは、縁起が良いと人気があります。正式な和装で、挙式などでも着られますが、一般的にはお色直しで用いられます。

・引き振袖

振袖の中で最も裾が長く、格式が高い着物のこと。黒地が人気であったが、ゲストの色と重なるという点から、最近では白や赤といった色も人気があります。小物も合わせて豪華な色を選ぶとよいでしょう。

・黒引き振袖

黒引き振袖は別名「お引きずり」といい、江戸時代の武家の婚礼衣装。黒地に豪華な柄が映え、クラシックな雰囲気と大人っぽさを演出できます。お色直しの衣装として、また角隠しをつけて挙式にも着る事が可能です。

和装の髪型

最近では和装に洋髪を合わせる花嫁が増えていますが、まだまだ正統派スタイルも人気があります。ここでは「角隠し」と「綿帽子」について紹介します。

・角隠し

和装の花嫁の文金高島田という高い髷の上に、頭を覆うように被ります。諸説がありますが、角隠しには「角を隠して夫に従順に従う」という意味が込められているといわれています。豪華なかんざしを合わせると華やかになります。

・綿帽子

和装の花嫁の文金高島田という高い髷の上に、深く被る布のことです。白無垢のときにのみ用いられ、現在では、最も格式の高いスタイルとして受け継がれています。