ウェディングドレスの基礎知識

女性にとって憧れのウェディングドレス。一生に一度のことだから、自分らしさを引き立たせ、最高にきれいに見せてくれる衣装を選びたいもの。ドレスについての理解を深め、好みのタイプを見つけましょう。

シルエットライン

ここではドレス選びに需要なシルエットについて紹介いたします。
シルエットとは、ドレス全体の形・ラインのことです。シーンや体型に併せて合わせて見つけるとよいでしょう。

・プリンセスライン

ウエストより上はタイトにし、スカートにふんわりとしたボリュームを持たせたシルエットが特徴のプリンセスライン。ウェディングドレスとして定番の形で、どんな体型でも似合うと人気です。

・Aライン

スカート部分が裾に向かって直線的に広がり、アルファベットの「A」のように見えるシルエットが特徴のAライン。上半身がすっきりし、下に重心がくるのでバランスがよく、美しく見せてくれます。

・マーメイドライン

マーメイドラインとは、膝から裾にかけて、人魚の尾ひれのようなギャザーやフレアが広がっているデザインのこと。背が高くスレンダーな体型の人や、エレガントに着こなしたい人におすすめです。

・スレンダーライン

スレンダーラインとは、スカートのふくらみがあまり無く、ボディラインを見せるドレスのこと。上から下までシンプルなシルエットで、上品な印象を与えます。

・エンパイアライン

ウエストを絞ったデザインとは違い、胸下にスカートの切り返しがあるドレスのこと。ウエストの締め付けが無い為、マタニティの新婦から人気があります。

・ベルライン

ウエストから裾にかけて釣鐘のようなシルエットが特徴の大人かわいいベルライン。スカート部分にふわっとした丸みがあるので背が低い人や、下半身が気になる人におすすめです。

・ミニ丈

ミニ丈は裾が短いのドレスのことで、海外ウェディングでは定番のデザインです。格式の高い挙式には向きませんが、レストランウェディングや二次会にもぴったりで、明るく元気な印象になります。

ネックライン

ネックラインとは首周りのデザインのことです。顔に近い部分なので形によって印象は大きく変わってきます。体型などを考慮して自分に合ったデザインを探しましょう。

・ベアトップ

肩紐がないデザインのこと。首から指先まで露出した思い切った肌見せで、体型を選ばず、女性らしさを演出します。

・オフショルダー

両肩を出すオフショルダーは、デコルテを美しく見せ、華奢な印象を与える為、肩幅が気になる人でも着こなせます。

・ワンショルダー

どちらか片方の肩を露出するワンショルダー。アシンメトリーなデザインが多く、個性的でありながら女性らしさを演出できます。

・ホルダーネック

首の後ろで吊るし、両肩を出した袖なしのデザイン。腕や肩、背中が大きく露出されるのでバックスタイルを美しく見せたい人におすすめです。

・Vネック

ネックラインをV字にカットしたデザイン。首やあごをすっきり、バストラインも自然と美しく見せてくれるので、首周りの悩みをカバーしてくれます。