指輪の基礎知識

結婚指輪はふたりの一生の記念になるものだから、自分の手を美しくみせてくれるリングに出会いたいものです。ここでは、ショップへ足を運ぶ前に知っておきたい基礎知識を紹介します。

1.素材

結婚指輪はシンプルなデザインのものが多く、素材が重要になってきます。
色や特性など参考に好みの素材を見つけましょう。

・プラチナ

白色の金属で「白金」とも呼ばれます。
熱に強く、変色やサビが少ない少ないことから、日本では不動の人気を誇っています。
純度が高いと柔らかくなってしまう為、純度90%程度で強度を保つといいでしょう。

・ゴールド

豪奢な輝きを放つゴールドは、ヨーロッパでは結婚指輪の素材としても人気があります。
耐摩耗性を高めた18金(18K)以上のものがおすすめです。
また、ゴールドに金属を配合した、ピンクゴールドやホワイトゴールドといった素材もあります。

・その他

プラチナよりも安価で強度が高いパラジウムや、金属アレルギーでもつけられるチタン素材も人気があります。
「宝石」としての価値は高くはありませんが、一生残るものですのでおふたりらしい素材を探してみましょう。

2.デザイン

可愛らしいものからクールなものまで幅広いデザインがあります。また、リングの幅によっても印象が変わってきますのでたくさんのリングの中からお気に入りを見つけましょう。

・ストレート

リングのアームが真っ直ぐな、最もベーシックなデザイン。シンプルなので重ねづけもし易く、毎日身に着けても飽きがきません。

・ウェーブ

ゆるやかなウェーブがS字のように見える、流線型のデザインです。肌に馴染み易くやわらかな印象的になります。

・V字/U字

手の甲へ向かってV字/U字型をしたデザイン。スタイリッシュな印象の指元になり、また指を細く見せてくれる効果もあります。