挙式スタイルの種類

挙式は、神や人の前で夫婦になるという誓いの儀式です。キリスト教式がもっとも人気ですが、最近ではオリジナリティを出せる人前式も行う人も増えてきています。会場に併せてこだわりの挙式スタイルを見つけましょう。

キリスト教式

キリスト教の教義に則した結婚式のこと。カトリックやプロテスタントなど、教会や宗派によってマナーが違いますが、ホテルや式場のチャペルで挙げる場合はあまり気にする必要はありません。

人前式

ゲスト全員に結婚の証人となってもらうスタイルの結婚式です。 宗教にとらわれず、場所や進行・演出などにふたりのアイディアが盛り込める自由度の高さがポイントです。

神前式

神前(神社)で行う挙式スタイルのことです。着物姿はとても印象的で奥ゆかしさを演出し、日本人らしさを大切にしたい人にぴったりです。

仏前式

仏教の教えに基づき、一般的に、先祖代々の菩提寺や自宅の仏前に僧侶を招いて行う挙式スタイルです。仏前式では、六輝(六曜)にこだわる習慣がありません。