日取りを決めよう

結婚式の日取りはとても重要です。親族や式場の都合もあったりと、なかなか決まらないものですが、何を優勢すべきかをしっかりと考えて決めるとよいでしょう。ここでは日取りを決める際に役立つポイントを紹介いたします。

1. 余裕をもって準備できる日数はあるか

式場によっては3ヶ月で準備できるプランなどもありますが、余裕の無いスケジュールでは思い通りのおもてなしが出来ない可能性があります。十分な時間があればペーパーアイテムなど手作りに挑戦し、こだわりの演出をすることが出来ます。また、手作りが増えれば経費を抑えることが出来ます。できれば8ヶ月~1年くらいの余裕がほしいところです。

2. ゲストの都合を考える

親族や媒酌人、招待客の都合も考え、出席しやすい日を選びましょう。年末年始や連休などは早い段階で予定を立てている人もいるので、避けた方が無難でしょう。また、遠方のゲストは、早朝や日曜日の夜の出席はむずかしいこともあります。

3. 六輝(六曜)を考慮する

六輝(六曜)は、暦注の一つで、もともとは1日内の吉凶を占ったもの。「結婚式は大安がよい」などと言われていますが、今はあまり気にせずに結婚式を行う人も増えています。

・先勝

午前中は吉で、午後は凶。午前中から式をはじめて午後になるのはOK。

・友引

「友を引く」として、「朝は吉、昼は凶、夕は大吉ただし葬式を忌む」といわれる。

・先負

勝負事などはむかない日。午前中は凶で、午後が吉。

・仏滅

一日を通じて凶、すべてが虚しく終わる日とされている。

・大安

一日を通じて吉です。結婚式などのお祝い事に最適な日とされている。

・赤口

朝と夜は凶で、牛の刻(正午)のみ吉とされる。