写真をパソコンに取り込む

映像を自作する場合、写真をすべてデータ化する必要があります。スマートフォンやデジカメで撮った写真は既にデータ化されていますが、昔のプリント写真はスキャナを使って写真をパソコンに取り込みます。

スキャナとは

スキャナとは、印刷物や写真などをスキャン(読み取り)し、データとしてパソコンに保存するための機械のことです。
ご自宅にスキャナが無い場合は、お店や会社の複合機を使って写真をスキャンしましょう。

写真屋さんでスキャンしてもらう

チェーン展開している写真屋さんなどでは、持ち込んだ写真をスキャンしデータ納品してくれるサービスを行っているお店もあります。お店によってまちまちですが、目安として500円程度の基本料金+1枚あたり50円程の費用がかかります。しかし、当日に受け取り可能なところもありますので、忙しい方やパソコンに不慣れな方におすすめです。

コンビニでスキャンする

コンビニにあるマルチコピー機を使ってスキャンが出来ます。記録用に写真と一緒にUSBメモリーを持参しましょう。1枚あたり30円でできますので、写真を何枚か並べてA3サイズでスキャンし、自宅のパソコンで画像編集ソフトを使って1枚ずつ切り取り保存しましょう。

自宅のパソコンでスキャンする

自宅のパソコンを使ってスキャンする場合は、スキャナもしくはスキャナ機能付きプリンターが必要になります。スキャナを持っていない場合は費用がかかりますが、何度でもその場でスキャンができるので写真の変更も簡単に出来ます。

スキャンのやり方

ご自宅のパソコンを使ってスキャン方法をご紹介します。

1.ソフトを起動する

スキャナの機種に合ったスキャン用ソフトを付属のCDからインストールし起動します。
このときパソコンとスキャナがケーブルで接続されていること、電源が入っていることを確認してください。

2.読み込みの種類を選択する

「写真」を選択し、読み取り解像度を600dpi以上に設定します。dpiが大きいと画素数が高くなります。

3.写真をセットする

読み取りたい面を下にし、スキャナにセットします。

4.スキャンする

「スキャン」をクリックすると読み取りが開始されます。

5.保存する

スキャンした写真を選択し、フォルダやファイル名を設定してjpgで保存しましょう。

スキャンした画像を補正・加工する

昔の写真などは色合いが変わってしまったり、汚れがあったりするので、これを補正することで仕上がりが綺麗なクオリティーの高い映像をつくることが出来ます。画像編集ソフトを使って補正していきましょう。
結婚式ビデオnetではクリエイターが一枚一枚丁寧に写真の色味や汚れなど補正しておりますのでご安心下さいませ。