写真をうまく撮れるようになる基礎知識

特に良いカメラを使わなくても、綺麗な写真を撮れるようになる基礎知識を紹介します。もちろん、携帯電話やスマホなどの写メなどにも使える知識なので、是非、今後の写真撮影に利用して綺麗な写真を撮りためて下さい。

暗い写真になってしまう原因

photocase01

オートで撮影した場合でも、顔などが暗くなってしまう写真(右図)ってありますよね。その原因の多くは”逆光の状態”にあります。カメラのオート撮影機能が写真の明るい部分に合わせ色を調整していくため、一番明るい”光”に色調を合わせてしまい、本来撮りたい人物などが暗く見えてしまいます。

逆光の環境になってしまう原因

逆光とは、下図のように カメラから見て 撮られる人 の 後ろに光源がある 位置関係の事を指します。光源が撮られる人の後ろにあるため、影になってしまい、暗くなってしまいます。

photocase02

逆光にしないようにするには

逆光にならないような環境を作るには、撮る人が、”撮られる人と光源の間に入ること”を心がけます。そうすると、撮られる人が 光源に照らされている側を撮ることが出来、顔もはっきり写すことが出来ます。

photocase03

注意点として、「カメラを撮る人の影がかぶる」「光源が強すぎて反射が激しい」などの場合は少し撮る位置を変えてみましょう。

どうしても逆光になってしまう環境の場合

どうしても逆光を避けられない場合は、日中や室内などの明るい環境でも、あえてフラッシュを使うことで逆光でも撮られる人を明るく写すこともできます。

既に撮った暗い写真を結婚式のプロフィールビデオなどに使いたい場合

既に撮ってしまった写真が暗かった場合は、後から変更することはできませんので、画像の補正が必要になってきます。
結婚式ビデオ.netでは特にご希望がない場合でも無料で、クリエイターが暗いと判断した写真の補正を行っております。