画面比率とは

制作を開始する際に、一番最初に決めるのがこの画面比率。画面比が違うだけで当日上映できない、ということもありますので制作に取り掛かる前にきちんと理解しておきましょう。

アスペクト比

画面比(アスペクト比)とは、画面の長辺と短辺の比率のことです。最近は16:9のワイドスクリーンが主流ですが、結婚式場などのプロジェクターではまだまだ4:3のものを使用しているところもあります。映像が完成してから比率を変更するのは大変なので、必ず事前に会場のスタッフやプランナーさんに確認しましょう。

16:9とは

現在販売されている液晶テレビなどで採用されている比率。横長。ワイドとも呼ばれる。

4:3とは

昔のブラウン管テレビで採用されえていた比率。正方形に近い形。スタンダードとも呼ばれる。

レターボックス表示

レターボックスとは、16:9の映像の上下に黒帯を追加し、4:3の画面比率を合わせる映像技法のこと。黒帯で比率を調整するので、映像は本来の比率で表示され、互換性が保たれ、映像がつぶれたりしません。

結婚式ビデオnetではご自宅の液晶テレビに合わせて、16:9のワイドスクリーンで映像を制作しております。そのため4:3の映像をご希望されるお客様へはレターボックス表示を採用し納品させていただいております。

その他の方法

レターボックス以外にも16:9の映像を4:3に変換したり、またその逆で4:3の映像を16:9に変換したりする方法があります。

スクイーズ

16:9の映像を左右に圧縮して、4:3の比率に合わせる方法。この場合、16:9の映像で表示されていた正円は、4:3に圧縮することで縦長の楕円に表示されます。

ピラーボックス

4:3の映像を中央に配置し左右に黒帯もしくは絵柄を入れて16:9にすること。日本では「サイドパネル」とも呼ばれます。