プロフィールビデオで使用する写真の選び方

おふたりの生い立ちを紹介するプロフィールビデオ。メインが写真なので、選ぶのはとっても重要な作業になります。
ここでは選び方のコツを5つ紹介!これを参考にすればもう迷うことはありません。素敵なプロフィールビデオを作って、一生の宝物にしてください。

1. 構成を考える

一般的には、新郎新婦の誕生から現在まで、そして二人が出会ってから結婚までの道のりを時間列に沿って紹介していきます。ちょっと工夫をこらした演出にしたい方は、出会ってからの二人を先に紹介したり、最後にご両親との思い出や感謝の言葉を入れたりしてもいいと思います。

2. なるべく横写真を選ぶ

スクリーンやテレビの画面は横長ですので、写真も横写真を選びようにしましょう。
もちろん縦写真も使用できますが、全てを映すようにすると、どうしても両脇に余白ができてしまいます。
また、上から下へパンをするなどの動きもできますが、多すぎるとせっかちな映像になってしまうので、どうしても必要なときだけにしましょう。

3. バラエティな写真を選ぶ

七五三や成人式の写真、また学校や会社の集合写真ばかりでは堅苦しい映像になってしまいます。
幼い頃に泣いている写真や、学生時代にふざけて撮った写真などを入れ込み、ゲストが飽きない工夫をしましょう。

4. ゲストが写っている写真を選ぶ

新郎新婦のおふたりのお写真ばかりではゲストが飽きてしまいますが、ふいに自分が写っている写真がスクリーンに流れると、ゲストは喜んでくれるので、全体的に盛り上がします。こまめに入れるようにしましょう。

5. 最後はとっておきの写真を選ぶ

最後はしっかりとお二人が写ったお写真を使用しましょう。最後がしっかりしていると、いいムービーだったな、とゲストが余韻に浸ります。
特に婚姻届を持っているお写真や、結納、前撮りのときに撮ったお写真を使うといいと思います。
あえて結婚指輪だけを映すのもおしゃれでおすすめです。

※ 写真がない!

お写真が嫌いであまりない、という方多くいらっしゃいます。
しかし、実際に見ているゲストは枚数なんて数えていませんし、まったく気にすることはありません。
家族で行った旅行先の風景や、新婦が作った手料理などを加えて枚数を増やしましょう。
それでも枚数がすくない場合は、単なるスライドショーのようなものではなく、少し演出が入ったものを選ぶと、枚数がすくなくても豪華な映像になります。