演出映像を自作するメリットとデメリット

最近では、映像を気軽に編集してyoutubeにアップしたりとでるようになりました。結婚式のビデオも自分で作ってみたいとおもう人も多いのではないでしょうか。自作するにあたってのメリット・デメリットをまとめましたので、制作を始める前にぜひ参考にしてみてください。

メリット

ますは、なんと言っても「安い」。業者に依頼するよりもはるかに安く作れます。
無料編集ソフトを使えばタダで制作、何てことも夢ではありません。
何かとお金のかかる結婚式、経費を削減したいというおふたりは自作をお勧めします。
ただし、凝りはじめてソフトや素材をかったりすると結果的に高くついた、なんてこともありえますのでご注意ください。
また、オリジナルの映像を作れるのも最大のメリットです。
1から制作することによって、既存の商品ではなく、おふたりだけのたった1つの映像が出来上がります。
おふたりのテーマにあった映像をつくることによってより一体感が生まれ、ゲストの思い出に残る結婚式になるでしょう。

デメリット

自作する場合は、どうしても時間と手間がかかってしまいます。
パソコンに不慣れな人は、作業に入るまでにソフトの準備やスキャンなどで心が折れてしまうかもしれません。
しかし、スライドショーは別として、プロでも1から映像を作るのは何日もかかるもの。
そのことを念頭において、余裕を持って制作を始めましょう。
また、演出映像にはいくつかの決まり事があります。
式場から自作するにあたっての注意事項が配布されると思いますがそれを理解して、その通りに作るのも初めての人には難しいことだと思います。
式場で再生確認して作り直し…なんてことにならないように気をつけましょう。

自作は大変だけど好きなものが自由に作れます。
とりあえずチャレンジしてみて間に合わないとわかったら、早めに業者に頼むようにしましょう。