花嫁の手紙の書き方とコツ

花嫁から両親、家族へ感謝の気持ちを伝える「花嫁の手紙」。定番の演出ですが、披露宴でゲストが感動するかどうかはここにかかっています!ここではより一層素敵な花嫁の手紙になる書き方やコツをご紹介しますので、ぜひご参考ください。

文章の書き方

花嫁の手紙は一般的に「導入」、「エピソード」、「締め」の3つのパートから構成されます。

導入

始まりは両親への呼びかけから入るのが定番です。「お父さん、お母さん」など、かしこまった文章よりもありのままの言葉の方が花嫁の気持ちが伝わり聞き手の心に響きます。

エピソード

手紙のメイン部分はお父さん、お母さんとの思い出やエピソードを展開させます。ゲストも共感できるようになるべく具体的に。お父さんとお母さんのボリュームは同じくらいがベストです。

結び

エピソードを踏まえ、育ててくれたことへの感謝の気持ちやこれからの決意を伝えましょう。また、新郎のご両親への挨拶も一言添えるとよいでしょう。

花嫁の手紙のコツ

花嫁の手紙は定番の演出ですが、あくまでも身内のやりとり。ゲストの前で読むものですのでなるべく簡潔にポイントを絞った文章を心がけましょう。式の直前では文章がまとまらず長くなりがちですので余裕を持って書き始めます。当日は涙で読むのに時間がかかってしまうことも考えられますので手紙1枚~2枚くらいがベスト。号泣して手紙が読めなくなってしまったときは、新郎、もしくは司会者に代読してもらうなど、万が一の場合も考えておくとよいでしょう。