エンドロールの役割

最後に流れるエンドロール、最近では結婚式の演出に欠かせないアイテムとなっています。おふたりからのコメントとお写真・映像がBGMと共に流れることによって、会場は感動に包まれます。流せばいいことばかり!エンドロールの役割を紹介します。

1. 感謝の気持ちを伝える

結婚式当日はバタバタしていて、ゲスト一人ひとりとゆっくりお話する時間はありません。また、面と向かって感謝の気持ちを伝えるのは少し照れくさい、と思う人も多いと思います。エンドロールでは、事前にメッセージを用意しておくことによって、全員に感謝の気持ちを伝えることができます。

2. 感動的に締めくくる

締めがしっかりしていると、ゲストの余韻に残り「いい式だったな」といつまでも記憶に残ります。司会者のコメントだけではどうしても味気ないものになりがちですが、しっとりとしたBGMと感謝の気持ちを映像で伝えることによって、感動的なエンディングになります。

3. 決意を伝える

結婚式はおふたりの結婚を報告する場です。結婚式の最後に、これから力を合わせて歩んでいくという決意を、おふたりなりの言葉で伝えましょう。しっかりと言葉にすることによって、きっとゲストは改めてお二人を祝福してくれることでしょう。