オープニングムービーの役割

結婚式で、新郎新婦が入場する前に流す映像をオープニングムービー、オープニングビデオなどといいます。最近ではプロフィールビデオやエンドロールと同じくらい人気があり、披露宴だけでなく、二次会などでも多く利用されます。入場前に流すため、オープニングムービーには重要な役割があります。迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

1. 披露宴の「つかみ」

オープニングムービーを流すことによってゲストの気をしっかりと引き付けます。オープニングムービーは披露宴の一番最初の演出です。これからはじまる披露宴がもっともっと楽しみになるような、クオリティの高い映像を用意しましょう。

2. 会場を盛り上げる

会場の雰囲気を作り、おふたりの登場を華やかに演出します。照明を落とすと、これから何が始まるのか、ゲストはおのずとどきどき、わくわくすることでしょう。そこで映像が流れれば、会場の興奮は最高潮に。あたたかい拍手いっぱいの入場が期待できます。

3. 名前を知ってもらう

オープニングムービーがお二人からの最初のメッセージとなりますので、入場前におふたりのお名前を紹介しておきましょう。おそらくプロフィールビデオなどでも、おふたりのプロフィールは紹介すると思いますので、細かい情報はいりません。おふたりの名前、そして可能であれば「本日はお越しくださりありがとうございます」などと一言添えるといいと思います。